読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を変える勉強法!?

東大生が教える超効率的勉強法

合否を決める最大の要因とは??

合否の差

こんにちは!

投稿が遅くなりすみません。

さて、今回は、受験生としての心構えの話をしていきたいと思います。

 

みなさんは、自分が志望校合格すると思いますか?

多くの人はきっと、

「うーん、D判定だから厳しいかな…」とか

B判定だし、たぶん大丈夫!」といった

客観的な基準をもとに意見を言うことでしょう。

 

確かに、自分の現在の力を知り、成績アップにつなげることは大事です。

しかし、その判定に基づいて、合格できるかどうかを決める必要はありません。

模試と入試では全然違いますから。

実際に、模試で毎回B判定以上とっていて落ちた人、

D判定以下しかとったことがなくても受かった人などたくさんいます。

 

では、合否を決める決定的なモノは何だと思いますか??

私ははっきりと断言できます。

それは…あなた自身です!

 

それはそうだけど…って思うのも無理はないと思います。

でも、きっと納得していただけるはずです!

 

合否を決めるのは自分自身ってどういうことだと思いますか?

簡単な事です。

あなたが絶対合格すると自分を信じられるか。

本当にそれだけです。

 

私は高校2年生の頃に、自信を持つことの大切さに気付き、

時には鏡の自分に向かって

「お前は絶対合格できる。成績が上がる。」

と語りかけていました。

最初は自分自身、自信をつければ成績が上がるかなんて半信半疑でした

でも、自信を持つように変えてから、どんどん成績が上がりました

この時、自信をつけることが有効なんだとほぼ確信しました。

 

では、なんで自信を持つことが大事なのか。

この根拠については次回の記事で解説したいと思います!

まずは自分のことを信じてみてあげてください!

 

信じることでなぜ成績が上がるのかが気になる方は、

次の記事もチェックしてみてください。

もしかするとこれらの記事が

あなたの今後の考えを大きく左右することになるかもしれません…