読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を変える勉強法!?

東大生が教える超効率的勉強法

英語をはなせるようになるには?

英語が話せるようになる方法

記事の更新にかなり間をあけてしまいました…

さて、前回の記事は根本から英語力をつける方法でした。

読んでいない方は先に読むことをお勧めします。

 

さて、今回は、英語力をつけることのうち、

話せるようになることに重点を置いてお話しします!

 

日本の英語教育では、英文法・語彙力などを身に着けることはできますが、

スピーキングの能力は一切つけることができません。

英語が話せるようになるには、

自分で行動を起こすしかありません!

私の経験上、スピーキングができるようになる行動にも、

どれほどの効果があるかが違います。

そこで、スピーキングに効果のある対策ベスト3を紹介します!!

 

①英語圏の国に短期留学する

やはり一番効果があるのは短期留学です。

1ヵ月でも滞在して英語を使っていれば、普通に話せるようになります。

但し、語学留学の場合は日本人の友達等と一緒に行くと、

日本人同士で英語を使わずにコミュニケーションをとってしまうので、

できるだけ日本人以外とのコミュニケーションが取れる環境で留学しましょう。

 

②英語ディベート大会に出場する

英語ディベート大会に出場するということは、

英語で他者とのコミュニケーションをとるということです。

英語ディベートは大会によって形式が異なりますが、

即興ディベートの大会は、その場でお題が出され、調べ、考えるので

臨機応変にコミュニケーションがとれなければなりません

大会に出場することで、何回も練習をするので、

1,2か月で自分の思ったことをある程度すらすらと話せるようになります

 

③教材を使ってトレーニングする

①②は実践的にコミュニケーションをとることで話せるようになります。

ただ、留学はお金もかかるし、ディベートも部活などがなければできません。

それに、いきなりそんなことをするのはちょっと…と思う人も少なくないと思います。

 

そのような方にお勧めなのが、教材を使ったトレーニングです。

教材で少しずつトレーニングをすることで、

留学やディベートなどに対する不安感も拭えます。

また、ひとりでもできて時間の都合もつけやすいため、

忙しい部活生や社会人でも取り組むことができます!

 

 

いかがでしたか?

英語を話せるようになるために、様々な方法がありますが

大事なことは挑戦してみることです

お金や時間というコストは、成長のためには不可欠です。

是非挑戦してみてください!

根本から英語力をつける方法

英語の学習方法

高校・大学受験科目において、

将来的に最も使える科目は何でしょうか。

それはズバリ…英語です!

 

ただ、英語苦手意識の強い人も多く、

日本人が特に苦手にしている科目です。

しかし、受験においても勝負が決まる重要な科目であり、

社会に出ても国際的に活躍するには必須といえるでしょう。

 

かくいう僕も中学時代は英語が大の苦手でした。

しかし中3からコツコツ頑張ったおかげもあり、

高3のGWに、The World scholar's Cup (WSC)という

英語を用いて知識力を争う大会にも出場しました。

そしてシンガポールで開催される世界大会に出場する権利をいただきました。

 

では、苦手な人が英語力を上げるにはどうすればいいのでしょうか。

その答えを、僕は素晴らしい先生方の指導を通してはっきりわかりました。

 

単に受験で使える英語の能力を身に着けるのではなく、

一生使える根本的な学習をすることです。

 

今回は英語の学習をする上で意識しておくべきことを紹介します。

 

根本的な学習とは主に

①単語の持つ起源根幹にある意味を理解する

②それぞれの表現のニュアンス・使い方を学ぶ

③書くだけではなく話せるようになる

 

というものです。

勘のいい人はもう気づいているかもしれませんが、

要は、いざネイティブの人と会話・ディベートするとなっても

同等のコミュニケーションをとれるようになることを目指すのです。

 

①単語の持つ起源根幹にある意味を理解する

独学で単語のバックグラウンドを学習するのはかなり難しいですが、

知らない単語を辞書で調べるときに、成り立ち原義を見ておくだけでも

十分に効果があると思います。

他にも、単語の接頭辞接尾辞語幹について学ぶことで

一層単語を理解した上で、記憶の効率も抜群に上がります。

例えば、"will"という英単語について、未来を表す助動詞であることは有名ですが、

本来の意味は意思なのです。

意思を表すことから、転じて助動詞で未来を表すようになりました。

また、名詞のwillの意味は意思・遺言・遺書など、

原義の意思が反映されていることがわかります。

このようにバックグラウンドを理解することで単語の使い方や知識の幅が広がります。

 

②それぞれの表現のニュアンス・使い方を学ぶ

単語帳などで英語表現の意味を知っているだけでは

実際にその表現が使えるようにはなりません。

英文をたくさん読んで、英語をたくさん聞くことで

表現を自分に定着させていくことが大事です。

勿論それだけで触れられる表現には限度もありますから

時には重要な表現を辞書で調べて、例文を読むということも有効です。

 

③書くだけではなく話せるようになる

3つの項目の中で一番難しいことではあると思いますが、

筆記でいくらいい点数をとったところで、

必ず英語が話せるわけではないです

ただ、日常会話以上の英語がある程度話せる人は

ほぼ確実に高得点をとっています

英語が話せるようになるには、実際に話してみるしかありません

こればかりは間違いなく話さないと力はつきません。

ただ、僕も全く英語が話せない状態から、

2か月ほど英語ディベート英会話をすることで

日常会話だけでなく、自分の意見を述べることができるようになりました

最初はみんな話せないものです。恥じることなく挑戦してみましょう。

詳しい学習方法は次回の記事を参考にしてください!

 

これから英語や他の科目もどんどん勉強方法を公開していくので

是非チェックしてみてください!

 

自信を持つことの力

自信が合格に繋がる

 

さて、前回の続きです。

前回の記事では、合格に必要なものについてお話ししました。

そして、自信が大切だという結論に至ったわけですが、

なぜ自信が大切なのか、具体的な理由を見ていきましょう!

 

 

①口に出すことで実現せざるを得なくなる

 

これは単純な事ですが、あなたが自信をつけるために言葉にだして

絶対に志望校に合格するんだ」と唱えていると、

周囲の人もあなたが合格すると言ったのを聞いているので、

受からなければ恥ずかしいですよね。

このように、必然的に受からざるを得なくなれば、

意地でも合格するように頑張れる環境を作ることができます。

 

 

②信じる力で自分を変える

 

にわかには信じられないかもしれませんが、

人間のこころの力にはとてつもない可能性が秘められているのです。

 

「病は気から」という諺があるように、

気の持ちようで結果が変わるということはしばしばあります。

 

プラセボ効果をご存知ですか?

患者に治療薬として、なんの効果もない粉末を処方すると、

不思議なことに、治らないような病気が治ったり、

通常より早く回復したりする効果です。

薬の作用ではなく、回復するという気持ちが実際に回復させるのです。

 

また、他にも被験者を目隠しをした状態で、

アイロンを皮膚に当てると告げて、実際はスプーンを皮膚に当てます。

すると、実際には何もしてないのにそこに火傷が生じるのです。

 

他にも例はありますが、このように、

人間のこころの力には現実に対する大きな影響力があります

 

それを利用して、

自分は絶対に志望校に合格できるんだと信じていれば

実際に合格に大きく近づくことができます。

 

 

③自信が潜在能力を引き出す

 

テスト本番で緊張し、どこかでわからない問題が出て、

焦って頭が真っ白になり、他の問題も解けなくなり、

結局そのまま不合格になってしまった人を知っています。

 

このように、極度の緊張状態で窮地に立たされると

どうしても動揺を抑えきれないものです。

 

しかしもし、合格する自信があればどうでしょうか。

自信があれば、多少失敗しても合格できるという余裕が生まれますよね。

その結果、わからなくなっても冷静に次の問題に対処することができます。

 

ミスをしてはいけない状況に立つと、

人間はミスをしてしまうものですが、

ミスをして良いという余裕があれば、

リラックスして最高の結果を生むことができます。

 

このようにして、自信がない人が60パーセントの力しか出せなくても、

自信があれば120パーセントの力を発揮できるのです。

 

 

④自信が結果をもたらし、更なる自信につながる

 

自信をつけることで、②③のメカニズムによって

段々結果が伴ってくるようになります。

 

するとどうでしょうか。

テストで良い結果が出れば、さらに自分に自信が持てますよね。

このように、好循環を作り出すことでどんどんと優秀になれます。

 

 

⑤周囲の人間も自信をつけ、相乗効果が生まれる

 

最後に、自信をつけると言動も変わります。

すると、周囲の人も、あなたの変化に気づくでしょう。

周囲の友人もあなたの姿を見て、自信をつけてきます。

このように周囲の人も優秀になり、お互いが高め合うことができます。

 

  

いかがでしたか。

納得できた人もそうでない人も

だまされたと思って実践してみてください。

やるだけだったらタダですし、何より絶対に損はしません。

 

私は長い間の受験とのかかわりを通じて学んだことのうち、最も大事なことは、

信じることで人は変わることができるということでした。

皆さんもぜひこの効果を体感し、今後の人生においても自信をもって生きてください!

 

この記事やブログをシェアしていただけると嬉しいです!

それではまた!

 

合否を決める最大の要因とは??

合否の差

こんにちは!

投稿が遅くなりすみません。

さて、今回は、受験生としての心構えの話をしていきたいと思います。

 

みなさんは、自分が志望校合格すると思いますか?

多くの人はきっと、

「うーん、D判定だから厳しいかな…」とか

B判定だし、たぶん大丈夫!」といった

客観的な基準をもとに意見を言うことでしょう。

 

確かに、自分の現在の力を知り、成績アップにつなげることは大事です。

しかし、その判定に基づいて、合格できるかどうかを決める必要はありません。

模試と入試では全然違いますから。

実際に、模試で毎回B判定以上とっていて落ちた人、

D判定以下しかとったことがなくても受かった人などたくさんいます。

 

では、合否を決める決定的なモノは何だと思いますか??

私ははっきりと断言できます。

それは…あなた自身です!

 

それはそうだけど…って思うのも無理はないと思います。

でも、きっと納得していただけるはずです!

 

合否を決めるのは自分自身ってどういうことだと思いますか?

簡単な事です。

あなたが絶対合格すると自分を信じられるか。

本当にそれだけです。

 

私は高校2年生の頃に、自信を持つことの大切さに気付き、

時には鏡の自分に向かって

「お前は絶対合格できる。成績が上がる。」

と語りかけていました。

最初は自分自身、自信をつければ成績が上がるかなんて半信半疑でした

でも、自信を持つように変えてから、どんどん成績が上がりました

この時、自信をつけることが有効なんだとほぼ確信しました。

 

では、なんで自信を持つことが大事なのか。

この根拠については次回の記事で解説したいと思います!

まずは自分のことを信じてみてあげてください!

 

信じることでなぜ成績が上がるのかが気になる方は、

次の記事もチェックしてみてください。

もしかするとこれらの記事が

あなたの今後の考えを大きく左右することになるかもしれません…

 

睡眠時間で効率アップ!!

睡眠の効果

みなさんこんにちは!

いよいよ具体的な勉強方法初公開です…!

実はブログを書くのは初めてなので緊張しますが、頑張ってたくさん書いていこうと思います!

 

突然ですが、皆さんは一日何時間くらい寝ていますか??

テスト直前には徹夜で詰め込んだり、

受験が近づくと一日3時間睡眠で頑張る人も多いと思います。

でも実は、それはむしろ成績を下げることになっているかもしれません

 

さて、今回のテーマは睡眠についてです。

「は?勉強方法ちゃうやん!!!」

って思うかもしれませんが、実は、睡眠学習に大きく関わっているのです

 

時間がない方にも、睡眠について知ってもらうために先にまとめを書いておきます!

因みに、この内容は勉強だけでなく、あらゆる物事に応用することができます

学生もそうでない方も必見です!

 

①理想は毎日7~8時間睡眠をとる

②眠い時には寝る!

 

睡眠時間が効率を上げる!

 

あなたは、毎日睡眠時間を削ってしまっていませんか?

睡眠時間を削ると、毎日眠いし辛いしどんどん嫌になってきますよね…

でも睡眠時間を削ることは、実際、超効率が悪いのです。

 

ペンシルバニア大学、ワシントン州立大学の海外の睡眠に関する共同研究で、

驚くべき結果が発表されています。

なんと、6時間睡眠を続けると脳の活動がどんどん低下していき、6時間睡眠を2週間続けている時の脳は、2日間徹夜している時の脳の状態と同じ程度になっている可能性があるということです

この研究によると、8時間睡眠をとっている人達は常に一定の水準で脳の活動ができていたということです。

つまり、睡眠不足は蓄積していくのです!

 

また、K・アンダース・エリクソン教授によれば、アメリカで最も有能な人たちの睡眠時間の平均は8時間36分であり、たくさんの睡眠時間をとっているということです。

 

以上の研究結果を踏まえて、言えることは何でしょうか。

そうです。お察しの通り、

睡眠不足になっても良いことはないということです。

 

他にも、睡眠をとることで記憶が整理され、身体のパフォーマンスも向上するといわれており、一方、睡眠不足になると大脳の機能が低下し、ストレスを多く感じるようになるともいわれています。

 

睡眠不足になったら身体に悪いことはなんとなく想像がつきますが、

いざデータを並べてみると恐ろしいですよね…

 

もし今、睡眠時間を削っているのであれば、

これを機にしっかり睡眠時間を確保しましょう!!

そうすることで、睡眠不足の辛さから解放され、勉強の効率も上がります!

是非、実践してみてください!

 

私も夜更かししてこれを書いていたので、早く寝ることにします(笑)

それではまた次回!( ´∀` )

 

東大生が教える超効率的勉強法

効率的勉強方法

皆さんはじめまして!

私は東京大学理科1類2年生ののまてぃです。

 

自己紹介をする際に、東大というワードを出しただけで、

”すごい!”とか”めっちゃ勉強したんでしょ?”など言われることが多いですが、

実際そんなにすごいことではないです。

東大には確かに超優秀な人財も多いですが、大半は平凡な人です。

 

ここまで読んでもなかなか信じてはくれない人が多いと思います。

しかし、この際はっきり言っておくと、

誰でも志望校に確実に合格することができます。

合格できない人は勉強法が間違っている人です。

 

私はアルバイトでたくさんの生徒の家庭教師をしていますが、

成績の悪い生徒は意味のない勉強をしていたり、とにかく超効率が悪いです

逆に、成績の良い生徒は効率良く勉強し、趣味や部活に没頭しつつ成績も残します。

 

では、”現時点で成績は悪いし勉強の効率も悪いから俺には東大なんて無理だ”

この言葉は正しいと思いますか?

もちろんそんなことはありません。今からでも勉強方法を変えればいいだけです。

 

でもきっと、勉強の効率が悪い人は、勉強のやり方を知らないから効率が悪いんだと思います。

そこで!

このブログを見てくれている皆さんにだけ特別に

中学時代から計8年間受験に関わり、たくさんの優秀な生徒、先生を見てきた経験から得た、

超効率的な勉強方法を公開します!

 

突然こんなこと言っても、

”そもそも信じられない”

と思うと思います。

そんな方のために、軽く自己紹介と実績を紹介させていただきます!!!

 

≪プロフィール≫

1996年生まれ。福岡で育つ。6歳のころに両親が離婚し、父子家庭で生活する。

小4で野球選手に憧れて野球を始めるも、小6の11月に、野球を続けるために、中学受験の勉強を始める。なんとか補欠合格を果たす。

中学では、入学時は成績は最下位近くで落ちこぼれるも、野球に打ち込む。

中2の夏、好きな女の子と競うために勉強を始めた(不純ですね…笑)。結果、勉強に目覚め、野球部でレギュラーとして活躍しながらも成績トップに。中3の時に全国模試で全国19位を達成する。

高校入試では全国最難関の灘高校、九州の2傑ラ・サール高校久留米附設高校に余裕で合格。

高校では同じく野球をしながらも、数英の合計で全国3位になり、大学入試では、

直前にインフルエンザにかかるも難なく東大理科1類に現役合格

大学では個人契約の家庭教師として今までに10人近くの生徒と関わり、

昨年度の受験生2人は無事志望校に合格

また、半年以上教えた生徒は全員成績が上がっており、

学年ほぼ最下位だった生徒が、1年後に成績優秀者表の常連にまで成長し、

今では高2にして東大の過去問に挑戦しています...笑

 

もしまだ、”うさんくさいな…”とか思っている方がいるのなら、

その方はこれから先の記事を見なくても結構ですが、

これから先も効率の悪い方法で勉強して、他の人に追い抜かれていくだけです。

 

そうなりたくはないですよね?

だったらまず読んでみてください。

そして、少しでもいいからやってみてください。

効果が絶対出るはずです。

 

また、もし読んでみて、

1つでも良い方法等が書いてあれば、それだけ使う、とかでも構わないと思います。

ただ、どうせ意味がないと決めつけて知ろうとしないより、些細なことにでもとりあえず耳を傾けられる人こそが、将来的に成功する人です。

 

とにかく皆さんに、効率的勉強法を知って賢くなってほしいです。

一緒に頑張って効率的に勉強して、

趣味や、部活や、など

今しかない貴重な時間を有意義に活用できるようになりましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

次回の記事から早速、勉強方法について書いていきたいと思います!

また、ブックマークシェアをしていただけるとありがたいです!!

それではっ!!